2つの方法で短期バイトを見つけよう!|派遣会社に登録しよう

こんばんは。
CCL@WEBです。

新型コロナにより生活を守るためにと短期バイトや日雇いバイトを始める方が増えています。
副業を許可している会社も増えており、一気にハードルが下がっており、特にUberEatsや出前館などの料理を配達するデリバリードライバーが顕著に増えています。

短期バイトで交通整理の仕事をして生活費を稼ぎます。

短期バイトはオイシイ仕事なのか!?

短期バイトでも雇用形態が直接雇用の場合や業務委託の場合などそれぞれ。
最低労働賃金という場合も少なくないため、それほど大きいお金を稼ぐことは難しいようです。

では、なぜ短期バイトで稼ごうとするのでしょうか。

支払いが早いから

毎日の生活費に困っていらっしゃる方もいらっしゃいますよね。
そんな方も少なくないせいか、最短で即日支払いの仕事や週に一度給料日がある仕事などが存在しており、日銭を稼ぎたい人からすると嬉しい制度になっています。

ある月の1日(月)ー5日(金)の5日間で働いた給与44,000円。
このお金が週明けの8日(月)には手渡し、または振込みという形で支払われる。
※単発バイトの給与支払い一例

短期バイトをする人にとってはオイシイかどうかよりも、生活がかかっているから働くというのが現実。
それであれば効率的に短期バイトを探すことができる方がいいですよね。

短期バイトの見つけ方

最近はネットにある求人情報を探すのが当たり前で、多くの人が同じように登録して仕事がないかをチェックしています。ネットで仕事内容や給与、そして働く期間・日数が分かるため、仕事がイメージしやすくなるなど効率的に情報を収集することができます。
つまりは早い者勝ちであることも多いため、これ!という仕事には即応募する必要があります。

短期の仕事を探すのに一昔前は求人誌、ちょっと前は求人サイトで探すのが一般的でしたが、今はアプリが最適です。
多くのアプリが存在していますので、iTunes StoreやPlayストアからいくつかアプリをダウンロードしてみて仕事探しをしてみるといいかと思います。

短期の仕事のマッチング

2週間や1ヶ月など短期間だけ(短期バイトとして)仕事をしたい場合には派遣会社を活用する方法があります。
多くの場合は短期の案件として、求人広告(短期で働いてくれる人材募集)を出していますので、そこに応募する形から入るのが一般的。まずはその仕事に就くために派遣会社に登録することになり、その仕事が終わった後も定期的に仕事を紹介してもらえるようになります。

派遣会社への登録

派遣会社では最初の登録の時点で希望の仕事、勤務地を聞かれます。この時、移動を嫌がると仕事はなかなか見つからない可能性もあるので、希望の勤務地は電車で1時間で行ける範囲まで程度にしておきましょう。
登録が済むとあなたに合う短期バイトの仕事を紹介してもらえるようになります。

派遣会社と派遣して欲しい会社

短期の仕事は世の中にはあふれています。それは無期雇用ほどの労働はないけど、短期の仕事が単発で存在するからです。
そのような仕事があるところに派遣会社は人を紹介・斡旋(あっせん)して送り込みます。
派遣会社に登録しておくと、短期の仕事が終わったらまた次の短期と仕事があるという風に次々と仕事を紹介してもらうことができます。

この記事を書いた人

アバター

キャリアカウンセラー・ユウ