【リモートワーク対応】仕事で成果を出す方法を徹底して実践!|うちの会社に欲しいと思われる人材になるために成果を出そう!

おはようございます。
CCL@WEBです。

新型コロナウイルスの影響によって、奇しくも強制的にリモートワーク(Remote work)が導入されることとなり、企業勤めのビジネスマン、会社員たちは環境に慣れようと必死です。
リモートワークが今後定着し、より拡大していくことは間違いなく、どのようにしてリモートワーク化の波に乗れるかというのは喫緊の課題だという企業、働く人たちも多いのではないでしょうか。

そんな中でも仕事で成果を出さなくては勤めている会社も、働く本人も立ち行かなくなってしまいます。
サボれると思ったら大間違い!
ということで、今回は仕事で成果を出す方法を徹底して実践していただく方法をご紹介させていただきたいと思います。

問われる実行力

監視されることなく、一人で仕事をやり遂げる力が求められるのがリモートワークです。
時に取引先とオンラインミーティングをしたり、時に会社の人と打ち合わせをする必要もあるでしょう。
それでも問われているのはあなた自身の実行力です。

仕事ができないことがバレた!

仕事ができないことが露呈してしまった社員も少なくないかもしれません。
リモートワークになっても手を抜くことはできますが、勝手が違うので困っているのではないでしょうか。

仕事ができるという勘違い

こういう人も少なくないですよね。。。
仕事ができたと思い込んでた人も、それは周りのサポートがあってこそ。

仕事ができる風は出勤している時だけにして、リモートワークでは効率の良い仕事をして成果を出さないと会社から必要とされなくなってしまいます。

助け舟に大きな期待は禁物

これまで同僚や上司に助けられてきたということありませんか?
それも同じ職場で働いていたからこそという部分があります。

それもリモートワーク下になると望めないと思っておいたほうが、結果的に仕事は上手く回るかもしれません。

オフィス勤務時には同じフロアで働き、近くのデスクで働いていたりすると雰囲気を感じて、話しかけてくれたり雑談の中から仕事が多く生まれたりしました。
しかし、リモートワークとなると、各々が自宅で仕事をしながらも所用を挟んだり、息抜きをしたりして時間とタスクをやりくりしています。

リモートワーク下での働き方

相手を思いやる気持ち

自分が環境が変わったように一緒に働く仕事仲間や取引先も環境が変わっています。
これまでと全く同じとはいきません。

そこで考えなければいけないのは相手のメンタルです。
電話口の声のトーンがいつも通りだとしても、何かしら問題を抱えているかもしれません。

これまで以上に相手に寄り添った仕事のやり方を考えていかなければいけないのではないでしょうか。

タスク管理と報告

従来以上にタスク管理を徹底して行わなければなりません。
タスクに優先順位をつけて、消化していきます。
そして消化したものは報告をしておくとスムーズです。

タスクの進捗具合は常に厳しく

これまでよりも自分のタスク管理は徹底的に行うこと。
これに尽きます。

タスク管理が朝と夕にしている場合、やり残したタスクが発生していることも。
あれどうなった?と上司から確認が入るタイミングは夕礼のオンラインMTGになるかもしれません。
確認がワンテンポ遅くれている時点で、自分の仕事は遅れており、結果的に周りの仕事にも大きな影響が出ているかもしれません。
あまり良い傾向ではありません。

タスク管理には達成感

タスク管理をする上で大切なのは達成感を味わえること。
モチベーションは自身で管理するほかありませんので、達成感を味わえるタスクを織り交ぜながら、時間のかかる仕事などにも取り組んでいくようにしましょう。

報告と確認が存在する職場環境が理想

上司や同僚への報告業務が良しとされてきましたが、報告業務はリモートワークでも生きてきます。
ですが、報告して終わりでは生産性の高い仕事が生まれません。

例えば、報告されたAという仕事。それを待っていた上司はAという仕事が報告されてきたら、そのAをベースにまた別の仕事に取り組みます。至って普通の仕事風景ですよね。
ですが、これではあまり生産性は上がりません。

リモートワーク下になり、WEBのツールが多く導入されていることかと思います。
ここで大切になって来るのが「確認」することです。

報告を拾いに行くことをここでは「確認」という作業とさせていただきます。
何人ものチームで動いている場合にはこの確認作業が仕事の隙間を埋めてくれます。

積極的に確認をしていくようにしましょう

この記事を書いた人

アバター

キャリアカウンセラー・ユウ