女性向け転職サイト2つの活用法が知りたい!|これから未経験の職に転職したい女性、アルバイトから正社員になりたい女性必見です!

おはようございます。
CCL@WEBです。

女性のための転職サイトについて取り上げたいと考えていたので、ようやく書くことができました。
そもそも女性のために新たに転職サイトを分ける必要があるのでしょうか。

女性向け転職サイトの特徴

家庭の事情はまだまだ女性が家事や育児を担う時代。
料理&料理後の片付け、掃除、洗濯、細かい家事、そして育児ができない男性も多いため、家事や育児の負担を考慮の上、出勤時間の少ない職場であったり、やり甲斐のある仕事を探さなければいけません。

こういう会社が求人を掲載している

  • 産休や育休が充実している会社
  • 女性ならではの能力を活かして欲しい会社

他にもカレンダー通りのお休みが欲しい、2時間を超える長時間の残業は難しいという女性もいらっしゃることでしょう。子供が熱を出した時の有給の取りやすさも欠かすことができないかもしれません。
この時点で女性に特化して求人情報を掲載している価値があります。

女性に特化した転職サイトは、女性目線で女性の立場に寄り添った求人情報が掲載されているため、女性にとっての仕事探しが手軽にできるようになっています。

未経験でも仕事に就けるのか

就業経験がない場合

アルバイトが主な就業経験で正社員や派遣社員として仕事に就いたことのない人もいらっしゃいます。こういう場合に仕事探しをする上で支障がないのか不安を抱えていらっしゃる女性も多いかと思います。

未経験での募集を行っている場合は原則として応募して問題ありません。余計な経験がない分、伸び代に期待して採用していただけることもあります。

未来を見据えて

就業経験がない状態からの就職は収入のアップなどが期待できるので生活も安定すると思います。加えて将来こういう仕事がしたいなどの希望に繋がることもありますよね。

この先の仕事にどんな仕事ができるかを想像して就職先探しをするといいかと思います。
次回転職時には経験が大きな武器になります。資格取得なども見据えて将来設計をしてみると未来も明るくなるのではないでしょうか。

業界未経験の場合

今までスーパー、ドラッグストアの小売店にいたけど、マーケティングの仕事にチャレンジしたいという転職の意思がある場合はどうでしょうか。

これも企業側のニーズさえ満たすことができれば転職は可能かと思います。
ですが、マーケティング経験者の転職希望者と一つの席を取り合うような形になるため、難易度は高いと言えます。

ワンクッション置いてみよう

マーケティングのポジションへの転職例を考えてみると数パターンの転職方法があるかと思います。

  1. 個人的にマーケティング経験を積んで、実績を掲げて転職活動をする
  2. 資格を取得。資格を掲げて転職活動をする
  3. 別ポジションで転職後、配置換えでマーケティングの部署へ異動する
  4. 小さい会社の「何でも屋さん」へ転職する
実現する可能性第一位は4番

転職するために策を考えなければなりませんが、中小企業の中には上手にマーケティングができていない企業も多いので4が実現する可能性も高いかと思います。

第2位は3番

別ポジションで転職を成功させた後に信用を得て、マーケティングの部署への配置換えというのも比較的実現する可能性が高いでしょう。

別ポジションが天職となればそれも良いかと思いますが、希望通り異動できない可能性もありますのでご注意ください。

第3位は2番

マーケティングの資格を検索するところから始まりますが、マーケティング関連、また役立つ資格は無数あると言っても過言ではないでしょう。
もし何も決まっていない場合はwebマーケティング、統計学などの数学、簿記などを勉強しておくことをお勧めします。

第4位は1番

個人的にサービスを立ち上げてみたり、現在勤めている職場でマーケティングを実践してみるといいかと思います。

ただ、個人でサービスを立ち上げるのは一苦労ですし、勤め先にも守秘義務はあるので限られた範囲内で慎重に行う必要があります。

それでも手っ取り早さは1番が最速。即実践できて、即改善することもできるでしょう。
マーケティングの楽しさを感じることもできるのが良い点と言えます。

女性向け転職サイトの活用法

情報収集が一番大事

1にも2にも情報収拾がとても大切なのではないでしょうか。
どういう業界が求人が多いか、どれくらいの年収が平均的なのかなどを知るだけでも良いですが、常にアンテナを貼っておくことが何より大切。

募集の時期が限られていることもあるので情報収拾と同時に、自分のスキルアップや応募するための情報の整理はお忘れなく。

お試し応募をしてみよう

就職、転職試験を受けることは自分の市場価値を確認することができ、面接の練習にもなります。
次の行動への第一歩にもなりますので、まずはお試しで応募してみると良いかと思います。

もし、採用の内定をいただいた場合は転職するのも一つです。
他にも企業を見たい場合は内定を少し待っていただき、ほかの企業に応募してみても良いでしょう。

この記事を書いた人

アバター

キャリアカウンセラー・ユウ