就活の面接を成功させる3つの秘訣

就活における面接は非常に重要な役割を担っています。
そこで就活の面接を成功させる3つの秘訣をお伝えしたいと思います。

なぜ面接が重要かと言いますと...
エントリーシートやプロフィールシートなどではわからない部分が多いからです。
実際に会って面接してみないとわからない。それが面接官の本音です。

学生にとっても面接が苦手、一番心配という人も少なくないかと思います。
面接の中でも例年通りの質問もあれば、突拍子もない質問をされることもあり、どんなに練習していても上手く受け答えができるかどうかは本番を迎えてみるまでは本人にもわかりません。

それでは面接を上手く乗り切るにはどうしたらいいのか。
それは誰にもわかりませんが、CCLとしては以下の3つの秘訣かと思っています。

面接を成功させる秘訣は3つ

面接を受ける上で3つの秘訣があります。

  1. 当たり前のことを当たり前にこなすことができる
  2. 自分を出せる
  3. 入社意欲

この3つを秘訣として挙げさせていただきます。
一つずつ順に見て行きましょう。

当たり前のことを当たり前にこなすことができる

マナーや面接態度、会話のキャッチボール、不意打ちの質問への回答などできて当たり前。
企業について調べ、質問に答えることができるのは当たり前。

こう言ってしまえば非常に簡単なように聞こえるのですが、簡単なことを簡単にこなすのが実に難しい・・・。

やるべきことは事前に予想して、できるようにしておく。
準備にどれだけ労力を割けるか。
学生の皆さん頑張りましょう。

自分を出せる

打てば響くのは当たり前。
自分を適切に表現し、自分にしかできない表現をすることで面接官の印象に残るようにしましょう。

「この人はうちが求めていた人材だ。」
「この人ならうちで活躍してくれそうだな。」
「こういう子がうちにいたら面白いかもしれない。」

そんな風に面接官に思わせたら勝ちだと思います。

入社意欲

数をこなしている学生ほど面白くないものはありません。
惰性で入社試験を受けているなら、お帰りください。とでも面接官から言われるかもしれません。

1にも、2にも入社意欲です。
できる人材は当たり前。
会社を愛し貢献してくれる人、そして会社から離れてもOBとして会社を見守ってくれる人を求めています。

面接で会いたいと思われる人材になろう

面接で顔合わせしなきゃわからない。そんな風に面接官が思っていても、実際には多くのエントリーがあり、選考して面接できる人数を絞らないと、いくら時間があっても足りません。

結局は面接で会いたいと思ってもらえるかどうかです。

勉学に励み、サークル活動、学外活動、社会貢献に精を出し、友人を作り素敵な学生生活を送ってください。
きっと面接官はそんなあなたに会いたいと思っていますよ。

この記事を書いた人

アバター

キャリアカウンセラー・ユウ