ブラック企業を見抜けるか!?あなたは上手に情報収集ができていますか?|ネット・アプリを活用

こんばんは。
CCL@WEBです。

この20年で仕事探しの方法も大きく進化しました。ネットでちょっと検索するだけで給料の良い仕事が見つかるんです。
転職先を探すビジネスマンや新しく仕事を始める求職者が、効率の良い仕事探しの方法として選ぶのが求人サイト。
その求人サイトが生まれたことで転職のハードルも下がり、便利な時代になりました。

ただし、便利になった反面、安易な転職が生まれやすく、仕事をしてから「こんなはずじゃなかった!」と後悔する人もいます。前職のブラック企業から転職したら、またブラック企業だったなんていう転職例も。
もちろんSNSなどの普及により以前よりブラック企業は世間からの批判を浴びて変わろうとしていますし、ブラック企業自体も減っています。が、実際には表向きはホワイト企業、だけれども裏はブラック企業というように判別が難しい求人もあり、まだまだブラック企業自体が消滅していないのが現実です。

会社、仕事内容がどれも意味不明!!

ネットの求人サイトやアプリは日々進化しており、検索しやすく、また会社情報や求人情報も見やすくなっています。

ただ、求人情報の中には、企業名だけは知っている会社もあれば、まったく耳にしたことのない会社もあります。数ある求人サイト、そして求人情報の中には、どんな職種でどんな仕事をするのか、そしてどんなスキル、どんなことを求められているのかすらわからないような求人も存在しているのです。

求人情報をしっかりとチェックしないと、面接に行ってから知らなかったでは済まされず、思わず了承してしまう場面などもありますので注意が必要です。

これはブラック企業では!?

前述した通り「これはブラック企業でしょ。」と誰もがわかる求人情報は減っています。
しかし給料が同業者よりも数万円良かったりするなど年収ベースに目が行き、優先順位の低い情報の中に紛れ込んで都合の良くないことが書いてあることがありますので、どんな大手求人サイトでも油断してはいけません。
(むしろあまり知名度の高くない求人サイトの方が丁寧で見やすく募集していることもあるので一見の価値はあるかと思います。)
もしかしてこの会社ブラック!?と第六感が働いた場合には、転職口コミサイトなどで転職者による口コミや退職者の書き込みがありますのでチェックしてみると良いでしょう。

入社前に気付きたい!ブラック企業かチェック!

  • 転職口コミサイト
  • 知人、友人に確認
  • 売上が絶好調という文言
  • 若い社員が多いという文言

口コミや世間での評判は欠かすことはできません。
あまり知名度のない企業でもネット検索すると、退職者(その企業で働いていた人)であったり、面接を受けた人の感想などを見ることができます。

また過度な表現の求人情報には注意するようにしてください。
実現されていないにも関わらず、理想的な職場を描いている可能性もあり、注意が必要です。

入社してからでは時既に遅し。
働き初めて、隣の席の人に聞いたら完全ブラックだったなんてことも。

十分にネットなどで調べた上で、採用試験に応募、また入社する企業を選ぶようにしましょう。

この記事を書いた人

アバター

キャリアカウンセラー・ユウ